レーザー脱毛とフォトフェイシャルでも使用の光脱毛の違い

光脱毛 フォトフェイシャル 違い

脱毛方法の種類には、医療クリニックなどで使用されているレーザー脱毛機器と、美容サロンなどで使用されている光脱毛方法とがあります。レーザーの波長に違いがあり、美容サロンで取り扱っている光脱毛機器は、美容治療として大変注目されているフォトフェイシャルなどでも使用されているマイルドなフラッシュなのでお肌への負担や刺激が少ないと言われております。IPLフォトフェイシャルとは、インテルス・パルス・ライトというお肌にやさしいフラッシュで、シミやソバカスなどのメラニン色素沈着をしてしまっている箇所に効果があります。その他にも、ニキビ跡や赤ら顔に効果があり、フラッシュを照射することによって、コラーゲン生成を促す働きがありますので、フォトフェイシャル施術後はお肌の違いを感じることができるでしょう。

 

医療クリニックで使用されているレーザー脱毛機器と、このようなフラッシュ脱毛機器との違いとしては、まず価格設定と脱毛効果があります。美容サロンでの光脱毛は、価格が安く設定されているため気軽に始めることができますが、出力が弱いため毛根破壊をすることができません。ムダ毛を細くして目立たなくしていく効果は期待できますが、永久脱毛をしたいという目標があるという場合には医療クリニックでのレーザー脱毛をされることをおすすめいたします。医療クリニックで取り扱っている脱毛機器は、出力が強めですので必ず医師が在駐しており、万が一お肌のトラブルが起こってしまった場合には安心です。また、ムダ毛の濃い箇所と薄い箇所とでレーザー照射n出力を調整してもらえるというメリットがあります。

 

脱毛施術をした場合は、皮膚が軽い火傷を負った状態と同じですので、しっかりと冷やしてあげることが重要です。また、施術をおこなっている時は日焼けをしないように紫外線対策を取るように注意する必要があります。施術後は、皮膚が熱を持っており一時的に毛穴が赤くなって目立ってしまったり、皮膚が赤くなってしまいますが、翌朝には落ち着きますのでご安心ください。お肌が敏感であったり、痛みが不安だという方、時間はかかってもお肌への負担がすくなく美肌を目指しながら脱毛をされたいという場合は、美容サロンで取り扱っている、フォトフェイシャルでも使用されるフラッシュによる脱毛施術がおすすめです。フラッシュ照射を重ねていくごとに、毛が少しずつ細くなっていきますので、時間をかけてムダ毛を目立たなくしていくことができます。